2013年5月27日月曜日

第一回スカルペル

昨日ついにやってきましたー!


20130527左耳。初スカルペル。


派遣バイトの帰りに直行。
バイトは素っぴんだから、駅のトイレで化粧したよねー。

今まで自宅でやってたから、スタジオでピアス開けるのは初めて。
もとからあるホールは置いておいて、ど真ん中に開けました。
いちばん良いところに…!って。

ケアの説明とかもすごくしっかりしてるし、はじめてのスカルペル(一気に大きいホールを開ける方法)で確かにかなり痛かったけど、開けるときも安心できたし、流石だなぁスタジオ良いなぁって思った。


写真はシンプルな左耳。
もちろん右もやった。
ゴリラグラスのシンプルプラグのスモーク、シングルフレア0ga.にしたよ!

洗浄した直後に撮ったからそうでもないけど、まだ血が滲んでるんだよね。
早く落ち着いてキラッとして欲しい(^^)
トラブルにならなければ次回は6月末に7/16"にする予定。
最終的に1/2"にするー。



続きでイタイ話な体験録書きます。
イタイ話なんで読みたい人だけどうぞ。





全体の流れは、

ケアの説明

マーキング・確認(座って)

横になる

右耳ズブリ、血が止まるまでおさえる

左耳ズブリ→血が止まるまでおさえる

体起こして大丈夫か確認

お疲れさまでした。

という感じ。



さてここまで見てる人が気になるのはズブリのところだろうけど、感覚のイタイ話がメインになります。

スカルペルは、技術的にはメスで切って目的のサイズまでもっていく。

痛みは3段階。

最初に刺すところが個人的には一番痛かった。
14ga.とは話が違う痛さ。
そっからはなんか切る痛さと、最後にぐっとプレッシャーをかけて広げてピアスを通す痛さ。
そのプレッシャーの痛さもなかなかなんだけど、ぐっとやらないと出血量がふえちゃうらしい。

一瞬っちゃ一瞬。
かなり痛いけど、もちろん死ぬほどじゃないです。
耳たぶ切るから相当覚悟して行ったけど、耐えられる…!ってくらい。
それより安心感素晴らしかったです。


出血はまあそれなり。

左は切った時の出血もなかなかだったみたいで、作業台が血がついたガーゼでちょっとむごいことになってた。

帰りは耳にガーゼまいて(血が出ても大丈夫なように巻いてくれる)重傷っぽい見た目だったんだけど、帰宅して見てみたら左右ともにちょっとついてて、耳にはかさぶた。

スカルペルは一気にいくので、痛みも出血もそれなりに伴うのはその通りでした。


経過はまた後日まとめて書こうと思いますー。

2 件のコメント :

  1. >id:kooodoeさん
    ありがとうございます(^^)
    まだ進化途中ですが…

    返信削除
  2. すごくいいです!

    返信削除